好条件の住宅ローン借り換えで得をする!借り換えをするために【ローン得情報】

-

新着情報

▶2015/07/29
の情報を更新しました。
▶2014/03/07
当HPの管理や運営の情報を新規投稿しました。
▶2014/03/07
ご意見・ご感想送信フォームの情報を更新しました。
▶2014/03/06
返済比率がどのくらいになるかを新規投稿しました。
▶2014/03/06
審査に通過する必要がありますを新規投稿しました。

住宅ローンは借り換える事によって得をする事ができる事があります。
現在借りている住宅ローンよりもいい条件の住宅ローンに借り換える事によって、支払い総額を少なくする事ができるかもしれません。

借り換えによって得をするためには返済期間が長く、金利差が大きく、返済残高がまだまだ残っている事が条件になります。
これらの条件をしっかりと検討して借り換えをするべきかどうかを検討していきましょう。
ここでは借り換えの大まかな目安を紹介していきましょう。
借り換えをする際には、現在の住宅ローンシミュレーションの返済期間が10年以上のこっている事が望ましいでしょう。
また、借り換え先の金利が現在の金利よりも1%程度低い方がいいでしょう。
また、ローンの残高は1000万円以上ある方が、よりお得になる可能性が高いです。
これらの条件はすべて満たしていなくても借り換えによってお得になるかもしれませんが、条件を満たしている方がよりお得になる可能性が高くなります。
自分の状況を検討して、どのくらいお得になるかをシミュレーションした方がいいでしょう。
もちろん結果的にはそこまでお得にならなくても、返済が便利になる条件に借り換えをするというのもいいかもしれません。
繰り上げ返済などを効果的に利用できる住宅ローンに借り換える事によって返済総額を減らす事ができるかもしれません。
返済総額ではなく毎月の返済額を減らすという目的でも借り換えを利用する事ができます。

借り換えの際に必要になる書類

住宅ローンを新規に契約した際に、たくさんの書類を提出したと思います。

借り換えの際にも同様に多くの書類が必要になるので、時間に余裕を持って集めておきましょう。
ここでは借り換えの際に必要になる書類について紹介していきます。
住宅ローンの借り換え時に必要になる書類としては、個人情報に関する書類があります。
住民票1通と印鑑証明3通が必要になるでしょう。
印鑑証明が3通必要になるのは、保証会社用、金融機関用、登記用に必要だからです。
他にも本人確認として健康保険証や免許証などのコピーが必要です。
また、勤務先に関する書類としては、勤続年数が確認できる書類が必要になります。
また、収入に関する書類も当然必要です。

自営業の場合には確定申告書や納税証明書などが必要になります。
企業経営者の場合には住民税決定通知書や決算書類が必要です。
通常のサラリーマンの場合には住民税決定通知書と源泉徴収票が必要になるでしょう。
住宅に関する書類も必要になります。
パンフレットや建築請負契約書、不動産登記簿謄本、地図などが必要になります。
このような書類はまとめて保管しておくと借り換えの際に便利かもしれませんね。
こういった書類は金融機関によって必要なものが変わってきます。
細かい事は契約する金融機関に確認して集めておきましょう。
書類が足りないなどの不備があると契約する子ができません。
手続きが遅れるとその分損をする事もあるので、スムーズに手続きができるようにしておきましょう。